1. ホーム >
  2. メッセージ >
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

TOP MESSAGE

これからの動物病院に役立つ情報を

出版社インターズーが、小動物臨床の業界で情報配信を始めて30余年多くの先生方や企業様に支えられて、動物病院にとって学術的に有用な情報を雑誌や書籍としてお届けしてきました。
それが出版社としての定めであり、皆様から必要とされていたからです。

しかし、近年出版社として求められることが変わりつつあります。
オンラインやオフラインで様々な情報が即時に伝わるようになりました。
若手スタッフの意識差異による、人の採用や人事に関する問題を聞くようになりました。動物病院市場環境が厳しくなり、経営や運営情報を求める声も多くなりました。
これからの激変する市場で勝ち抜く動物病院様に向けて、インターズーはより高品質な情報をわかりやすい形で、HIPPOSは人と教育に関する情報を届けます。

獣医師が小動物臨床医として成功するために
動物看護師が生涯の仕事として選択できるように

平素より、インターズー及びHIPPOSをご利用頂いている皆様、各種お取引いただいている皆様へ、 日ごろのご愛顧とご支援に厚く御礼申し上げます。
私は、獣医師としてペットビジネスの世界に入ってから、そのほとんどを獣医師や動物看護師のキャリア育成や教育のコンテンツ作成や市場へ参入希望をする企業様のサポートに過ごしてきました。
働き方改革や雇用条件の厳格化が求められ、採用や人事評価を行う際に高度な情報が必要になります。 その為、院長先生や採用担当者様様との話の中では、若い専門職者に対する不満を耳にします。

専門職者にとって情報が多く、就職先選びやキャリアプランの設定が難しくなっています。
その為、学生や若い勤務医の先生方との話の中では、就職先や職場に対する不満を耳にします。
しかし、両者の求めることは同じで「飼い主様に良質なサービスを提供したい」ということです。雇用者と労働者の関係性だけでは解決できない、繋がりと情報交換が求められています。
HIPPOSは常に現場の状況を掴み、求められている情報を届けられるように変化します。
ペットビジネスに携わる専門家の方へ、ヒトと教育に関する情報をお届けし続けます。

株式会社HIPPOS代表取締役社長
久野 知

出版~情報提供、その先に伝えるもの

平素より、インターズーをご利用頂いている皆様へ、日ごろのご愛顧御礼申し上げます。 私がインターズーに入社して20年以上、様々な書籍や雑誌、映像商品を動物病院様やサロン様にお届けしてまいりました。その中で、確かで信頼できる情報こそがインターズーグループの基本であり、社会的責務であると感じています。
インターズーグループは、2016年からの事業改革により、現場の臨床医に役に立つ情報の再開発・現場で使いやすい提供方法の開拓に取り組んでまいりました。そして2017年より、獣医学教育および動物看護学教育の分野に本格的に着手致しました。

獣医師や動物看護師が日々の仕事を自信を持って行えるように、仕事探しやキャリア設定を行う礎を作るためです。HIPPOSは、既存の臨床獣医師への出版物と異なる、新しいヒトと教育に関する情報提供の形として、2017年に設立しました。
これからも皆さまからのご支援を忘れることなく、感謝の気持ちをもって、全社員が現場に寄り添ったサービスを提供し続けるよう、弛まぬ精進を重ねてまいります。

株式会社インターズー代表取締役社長
株式会社HIPPOS 取締役
西澤 行人